中国の冷凍餃子からアフリカ豚コレラウィルス

 アフリカ豚コレラのウイルスが、中国の大手食品メーカーが製造販売する冷凍ギョーザから検出されたそうです。

 ウィルスが検出されたのは、河南省鄭州市に本社を置く冷凍食品の大手「三全食品」で、18日に同社製造の冷凍餃子からアフリカ豚コレラの遺伝子が検出されたと発表したものです。

 中国では昨年8月に初めてアフリカ豚コレラの発生が確認され、当局は封じ込めに全力を挙げてきましたが、残念ながら感染の拡大を阻止できず、感染地域が広がっています。

 中国は世界最大の豚肉生産国で有り、同時に消費国でもあります。これまでに数十万頭の豚が殺処分されていますが、まさか感染した豚の肉が加工食品に使用されていたとは。

 アフリカ豚コレラは、1912年にケニアで初めて発生が報告された豚と猪に特有の家畜伝染病で、人間には感染しません。病状によって慢性、甚急性、急性、亜急性と種類があり、このうち甚急性と急性は致死率がほぼ100%です。ワクチンは実用化されておらず治療法もないため、殺処分や移動禁止以外に対策がありません。

 これが加工食品から検出されると言う事は、感染した事実を隠して出荷された肉が市場に出回っている可能性が高いと言わざるをえません。今月6日にも、関西国際空港で吉林省からの旅行者が持ち込もうとした豚肉のソーセージから、アフリカ豚コレラのウィルス検査で陽性反応が出ています。このソーセージのメーカーなどは不明ですが、事態は予想以上に深刻かも知れません。