マクドナルド、純利益68倍

 日本マクドナルドホールディングスが9日に発表した、2017年6月中間連結決算によると、純利益は前年同期の約68倍の107億1600万円だったそうです。

 諸幹現切れの中国産鶏肉の問題や、異物混入問題で低迷していた業績がようやく回復してきたようです。景気が全体的に上向いているので、その恩恵もありそうで、2017年12月期予想は過去最高の純利益200億円に上方修正しています。

 サラ・カサノバ社長もその辺を感じているのか、記者会見では「完全復活とは言えない」と語っています。ファーストフードも多様化し、ハンバーガーと言う食べ物が選ばれる理由、そのハンバーガーの中でマクドナルドが選ばれる理由が無ければ客は離れていくでしょう。

 正直自分も、ハンバーガーって特別食べたいと思わないし、マクドナルドにも10年以上行っていません。ちょっと何か食べようと思ったら、コンビニで何でも揃いますしね。子どもの頃は、確かにマクドナルドと言うと心躍るものがあったのですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です