金正男殺害はVXと断定

 北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏が殺害された事件で、マレーシアのスブラマニアム保健相は26日、正男氏の死因がVXだと断定しました。

 VXは、人類が作った化学物質の中で最も毒性の強い物質といわれています。1950年代初期にイギリスで合成され、揮発性が低いため残留性が高く、化学的安定性も高く直ぐには分解されないため、温帯の気候であれば散布から1週間程度は効果が残留します。しかも、呼吸器からだけでなく、皮膚からも吸収されて毒性を発揮するため、ガスマスクだけでは防護できません。さらに、親油性が高く水だけでは洗い流せないため、化学洗浄しないと安全な状態になりません。

 保健相は正男氏がVXを顔にかけられ、「襲撃から15~20分で死亡した」との見解を示しました。また、マレーシア当局は、殺害現場となったクアラルンプール国際空港の格安航空会社用ターミナルで毒物が残留していないか調査し、有害物質は検出されなかったとして安全を宣言しました。

 当初中々死因について断定しなかったマレーシア当局でしたが、VXによるものと断定しました。しかし、他国の、しかも空港で化学兵器を使用するとは、さすが北朝鮮と言うしかありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です