北京の繁華街でタクシー運転手30人が服毒

 中国北京市公安局の発表によると、北京市随一の繁華街・王府井で4日午前11時(日本時間同日正午)ごろ、タクシー運転手ら30人以上が地面に倒れているのを警官が発見したそうです。

現場には農薬の入った瓶が転がっており、農薬を飲んで集団自殺を図ったとみられますが、全員病院に運ばれ、命に別条はないと言う事です。

 倒れていたのは、黒竜江省綏芬河市の運転手らで、タクシーの貸借などをめぐって陳情のため北京に来たようです。
 北京市では、多くの人が集まる天安門や国家指導者が執務する中南海付近などで、地方から多くの陳情者が集まるのが日常的な光景になっていますが、最近では陳情者が集団で農薬を飲んだりする騒ぎが多発しているそうです。多くは土地強制収用や立ち退きで住む場所を終われた地方の農民で、服毒で周囲の関心を集めるとともに、当局に抗議の意思を表そうとしているのだそうです。

 繁華街なら多くの外国人観光客の目につきますし、海外のマスコミの目にもとまる。共産党政府にとっては一番嫌なこと。陳情者はそこを狙っているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です