保育士の犯歴照会、義務に

 厚生労働省は、保育士が逮捕されるなどした際、都道府県がその情報を把握した時点で登録の取り消しを義務付けるよう、児童福祉法関連省令を改正する方針だそうです。

 保育士による幼児へのわいせつ事件は全国で相次いでいます。2015年に神奈川県の認可外保育所で起きた保育士による傷害致死事件では、逮捕後保育士が2010年に東京の保育所で女児への強制わいせつ事件を起こして実刑判決を受けていたことが分かりました。

 児童福祉法では、 保育士が禁錮以上の刑を受けた場合、都道府県がその保育士の登録を取り消し、再登録には執行から2年以上が必要です。ただし、保育士自身が届け出る制度になっているため、本人が届け出ないと取り消しがされません。

 本人が届け出ないと取り消されない、と言うのは明らかに制度上の欠陥です。保育士だけではなく、教師とか医者も同じように警察と連携して登録の取り消しが出来るようにした方が良いでしょう。特に小児わいせつは極めて再犯率が高い(9割以上)と聞いた事がありますから、厳正に対処してほしいものです。

マクドナルド、純利益68倍

 日本マクドナルドホールディングスが9日に発表した、2017年6月中間連結決算によると、純利益は前年同期の約68倍の107億1600万円だったそうです。

 諸幹現切れの中国産鶏肉の問題や、異物混入問題で低迷していた業績がようやく回復してきたようです。景気が全体的に上向いているので、その恩恵もありそうで、2017年12月期予想は過去最高の純利益200億円に上方修正しています。

 サラ・カサノバ社長もその辺を感じているのか、記者会見では「完全復活とは言えない」と語っています。ファーストフードも多様化し、ハンバーガーと言う食べ物が選ばれる理由、そのハンバーガーの中でマクドナルドが選ばれる理由が無ければ客は離れていくでしょう。

 正直自分も、ハンバーガーって特別食べたいと思わないし、マクドナルドにも10年以上行っていません。ちょっと何か食べようと思ったら、コンビニで何でも揃いますしね。子どもの頃は、確かにマクドナルドと言うと心躍るものがあったのですが。

金正男殺害はVXと断定

 北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏が殺害された事件で、マレーシアのスブラマニアム保健相は26日、正男氏の死因がVXだと断定しました。

 VXは、人類が作った化学物質の中で最も毒性の強い物質といわれています。1950年代初期にイギリスで合成され、揮発性が低いため残留性が高く、化学的安定性も高く直ぐには分解されないため、温帯の気候であれば散布から1週間程度は効果が残留します。しかも、呼吸器からだけでなく、皮膚からも吸収されて毒性を発揮するため、ガスマスクだけでは防護できません。さらに、親油性が高く水だけでは洗い流せないため、化学洗浄しないと安全な状態になりません。

 保健相は正男氏がVXを顔にかけられ、「襲撃から15~20分で死亡した」との見解を示しました。また、マレーシア当局は、殺害現場となったクアラルンプール国際空港の格安航空会社用ターミナルで毒物が残留していないか調査し、有害物質は検出されなかったとして安全を宣言しました。

 当初中々死因について断定しなかったマレーシア当局でしたが、VXによるものと断定しました。しかし、他国の、しかも空港で化学兵器を使用するとは、さすが北朝鮮と言うしかありません。