マクドナルド、純利益68倍

 日本マクドナルドホールディングスが9日に発表した、2017年6月中間連結決算によると、純利益は前年同期の約68倍の107億1600万円だったそうです。

 諸幹現切れの中国産鶏肉の問題や、異物混入問題で低迷していた業績がようやく回復してきたようです。景気が全体的に上向いているので、その恩恵もありそうで、2017年12月期予想は過去最高の純利益200億円に上方修正しています。

 サラ・カサノバ社長もその辺を感じているのか、記者会見では「完全復活とは言えない」と語っています。ファーストフードも多様化し、ハンバーガーと言う食べ物が選ばれる理由、そのハンバーガーの中でマクドナルドが選ばれる理由が無ければ客は離れていくでしょう。

 正直自分も、ハンバーガーって特別食べたいと思わないし、マクドナルドにも10年以上行っていません。ちょっと何か食べようと思ったら、コンビニで何でも揃いますしね。子どもの頃は、確かにマクドナルドと言うと心躍るものがあったのですが。

金正男殺害はVXと断定

 北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏が殺害された事件で、マレーシアのスブラマニアム保健相は26日、正男氏の死因がVXだと断定しました。

 VXは、人類が作った化学物質の中で最も毒性の強い物質といわれています。1950年代初期にイギリスで合成され、揮発性が低いため残留性が高く、化学的安定性も高く直ぐには分解されないため、温帯の気候であれば散布から1週間程度は効果が残留します。しかも、呼吸器からだけでなく、皮膚からも吸収されて毒性を発揮するため、ガスマスクだけでは防護できません。さらに、親油性が高く水だけでは洗い流せないため、化学洗浄しないと安全な状態になりません。

 保健相は正男氏がVXを顔にかけられ、「襲撃から15~20分で死亡した」との見解を示しました。また、マレーシア当局は、殺害現場となったクアラルンプール国際空港の格安航空会社用ターミナルで毒物が残留していないか調査し、有害物質は検出されなかったとして安全を宣言しました。

 当初中々死因について断定しなかったマレーシア当局でしたが、VXによるものと断定しました。しかし、他国の、しかも空港で化学兵器を使用するとは、さすが北朝鮮と言うしかありません。

土日は部活の休養日に

 塩谷立元文部科学相が会長を務める、自民党の「教員の長時間労働の是正に関する議員連盟」は27日、教員の部活動の負担を減らすため、「大会など特別な場合を除き、土、日曜などを休養日とする」ことなどを求める提言をまとめました。

 同連盟は

 ・教員が午後6時までに退校できる環境整備を目指す
 ・教員の担うべき業務に専念する

 の2項目を柱に掲げています。

 授業を担当して、部活の顧問をして、だと当然平日も土日も休みはなくなります。と言って、顧問をしないと教育への熱意が足りないとみなされる風潮が現場にあるとかで、やらざるを得ないと以前新聞か何かで読んだ記憶があります。とんだブラックですね、教員というのも。

 強豪校では練習時間も長く、当然土日も練習がありますが、そう言った場合は逆に顧問としての仕事に専念できるようにしちゃった方が良いでしょう。顧問になったら担任はならないとか、授業数減らすとか。勿論そこで待遇に差がつかないよう、顧問としての仕事にちゃんと価値を持たせることは言うまでもありません。